【所沢ほけん専門店】奨学金と教育ローン

いよいよ今日で3月も終わり、明日から4月です。

新年度を迎えますので、色々と新年度の準備が大変だったのではないでしょうか?

特にお子様が進学される場合、学費のこともあり、「奨学金」や「教育ローン」を検討されたのではないでしょうか?

ところで、「奨学金」や「教育ローン」と聞いて、何が違うのかご存知でしょうか?
「奨学金」と「教育ローン」の大きな違いは、「借りたお金を返す人の違い」です。
さらに「奨学金」と「教育ローン」の違いとしては、「奨学金」は、「勉強したい!」という気持ちがありながら、経済的な理由で教育を受ける事ができない子どもを救済する為に設けられた制度です。
現在、日本には50種類以上の奨学金が存在しますが、実際にお金を借りる事ができるかどうかは、「経済的に困っているのか?」そして、「勉強をしたい!という気持ちがあるのか?」の2点となります。
そして、奨学金は、「借りたお金を返すのが、学生本人である」という事です。自らの勉強の為に使ったお金を、就職してから自分で返していくのが「奨学金」になります。
「教育ローン」は、銀行や信用金庫など、主に金融機関がお金を貸し出す制度の事です。

金融機関がお金を貸している為、教育ローンでお金を借りる事ができるかどうかの基準は、「返済できるかどうか?」になってきます。
通常のローンと同様に審査を行い、適切な金額を教育ローンとして貸してくれます。
そして、教育ローンは「借りたお金を返すのが、親である」という事です。
その他、金利や返済期間、借り入れ金額の上限などの細かい部分は、金融機関によって様々な違いがありますので、借りる際には、しっかりと検討しましょう。