ペット保険

ペット保険

ペットには人間のような健康保険制度は無く、診療費は全額飼い主の負担となります。
手術や長期入院となった場合、高額な出費となることも多く、ペット保険により飼い主の負担を軽減します。
近年は飼育環境や医療技術の向上によりペットの長寿・高齢化が進んでおり、ペット保険のニーズも高まっています。

ペット保険の補償内容は?

ペット保険は、主にペットの「通院」「入院」「手術」に関する費用を補償します。

その他にも、保険会社によりペットが他人にケガを負わせてしまったり、物を壊してしまった際の損害賠償責任を補償する商品や、お別れの際の火葬費用、ペット用車椅子制作費用などを補償する商品もあります。

対象となるケガ・病気は?

ペット保険の対象となるケガや病気は、保険会社により異なる場合があります。

狂犬病や犬パルボウイルス感染症など、予防接種を受けていれば防ぐことができる病気等は対象外とされていることが多いです。

どういったケガ・病気が補償対象とされているのか、よく確認した上で加入する必要があります。

ペット保険は必要?

ペット保険はいわゆる「掛け捨て」で、返戻金や蓄えの要素、税制の控除などはありません。

また、ペットが病気・ケガにかかるかどうかは誰にもわかりません。

一方、もし手術や入院を要するケガ・病気にかかってしまった場合、治療費は数十万円に上ることも多く、その全額が自己負担となります。

自分のペットに保険が必要か?といったご相談もお受けしておりますので、まずはお気軽にご来店ください。

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

トップページ » ペット保険