傷害保険

傷害保険

傷害保険は、損害保険会社が扱う「ケガや事故に対する保険」です。
傷害保険がカバーする対象は、「急激」かつ「偶然」な「外来」からの事故による、身体に負ったケガ(骨折、やけど等)とされています。
予想外のケガによる治療費などの出費を補償します。

補償対象のケガとは?

傷害保険の対象になるケガには、「急激」「偶然」「外来」という3つの条件があります。

「急激」とは、例えばモノにつまづいて転倒する等、突発的に起きた事故という意味です。対して、疲労骨折や靴擦れ等は緩やかに発生するため、傷害保険の対象にはなりません。

「偶然」とは、予想できない事故という意味で、例えばすでにケガをしている身体で無理に動いた結果生じたケガ等は「予想できた事故」として、傷害保険の対象にならないことがあります。

最後の「外来」とは、ケガの原因が身体の外にあることを指します。病気や心臓発作等、ケガをした原因が体内にある場合は対象外となります。

傷害保険で支払われる保険金

傷害保険では、「死亡・後遺障害保険金」「入院保険金」「手術保険金」「通院保険金」などが支払われます。

多くの保険の場合、例えば「1日の通院につき○円」のように、保険金の額が設定されています。

入院とはならない場合でも、1回の通院から保険金が支払われるため、ケガをしがちなお子様やスポーツ・アウトドアが趣味の方などにもオススメの保険です。

傷害保険の種類

傷害保険の中にもさまざまな種類があり、それぞれ補償内容も異なります。最もスタンダードな「普通傷害保険」の他、自身だけでなく家族のケガも補償する「家族傷害保険」、海外旅行の際に負ってしまったケガを補償する「海外旅行傷害保険」などがあります。

当店ではお客様に丁寧なヒアリングを行い、ピッタリの保険をご提案させていただきます。

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

トップページ » 傷害保険