収入保障保険

収入保障保険

収入保障保険とは、被保険者が死亡した場合に保険金を毎月一定額受け取れる保険です。
死亡保険と違い、給料のように給付を受けることができるので、月々の生活設計がしやすいというメリットがあります。

収入保障保険の仕組み

収入保障保険は、被保険者が死亡した時点から保険期間が終了するまで、毎月一定額の保険金が支払われます。

そのため、保険金の支払い開始が遅くなればなるほど、最終的に受け取れる保険金が少なくなってしまう仕組みです。

一見損をしてしまうようにも見えますが、その分保険料は比較的低く設定されており、定期保険などに比べても払い込む保険料を抑えることができます。

収入保障保険のメリット

収入保障保険は毎月一定額を受け取れるため、一度に大きな金額を受け取れる死亡保険等と異なり、保険金を使いすぎてしまう心配が少ないことが特長です。

また、保険商品の中には保険金を受け取れる期間の最低保証がついているものもあり、保険料が無駄になりにくいとも言えます。

収入保障保険が向いている人

収入保障保険はその性質上、遺された家族へお金を残したい人向けの保険であるため、例えば独身の方、また子どもが独立している方などは必要性が低いと考えられます。

子どもがいる片働きの家庭や、パートナー間での収入に大きな差がある場合、また収入の多くをローン返済などに充てている場合などは、その後の生活を保障できる収入保障保険が向いていると言えます。

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

トップページ » 収入保障保険