女性向け保険

女性向け保険

女性特有のがんや病気、妊娠・出産などのリスクに備えた保険です。
基本的には医療保険をベースとしつつ、女性疾病特約を付帯した商品となります。
乳がん・子宮がんなどについても手厚い保障があります。

女性疾病のリスク

厚生労働省によると、女性のうち30代後半~60代という幅広い年代において、死因1位は「がん」となっています。

中でも乳がんは30代後半から急激に罹患率が高まり、若い年代で発症する方も増えています。

治療が長期・高額になりやすいがんを始めとした、女性特有の疾病についても手厚い保障があるのが特長です。

妊娠・出産のリスク

妊娠・出産も女性特有のリスクと言えます。ただし、出産は病気による入院ではないため、通常の医療保険では保障されていないことも。

中でも自然分娩が困難な場合は帝王切開などの手術を行うケースがあり、想定外の費用が発生する可能性があります。

女性向け保険では、出産時の入院費や手術費を保障するものもあります。

プライバシーを守りたい際の「差額ベッド代」

女性特有の病気で入院する際、自身のプライバシーを守るため個室や少人数病室を希望すると、保険適用外の「差額ベッド代」が発生します。

1病室4床以下でプライバシーを確保する設備のあるベッドを使用する場合、平均して1日およそ6,000円が入院費に上乗せされます。

入院日数によっては思いがけない出費となりますが、「女性入院給付金日額」が保障に上乗せされることにより、気兼ねなくプライバシーを守ることができます。

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

トップページ » 女性向け保険