建設工事保険

建設工事保険

建設工事保険は、住宅・ビル・商業ビル等の建築工事を対象とした保険商品です。
建築中の火災や作業ミス等の「不測かつ突発的な事故」による物件への損害を補償します。
新規の建築だけでなく、増築・改築・改修工事を含みます。

保険の始期・終期

建設工事保険は、原則として着工の時を始期日とし、工事対象物の引渡し日を満期日としています。

ただし、工事用材料や仮設材については輸送用具からの荷降ろし完了を持って保険始期となります。

また、保険期間中に対象物の引き渡しが完了しない場合は保険期間を延長することもできます。

補償対象は「モノ」の損害のみ

建設工事保険の対象は、「工事の対象物」および建設資材等に限られます。

例えば工事中に他人にケガを負わせてしまった場合等は対象外となります。

この場合に発生する損害賠償については、「賠償責任保険」でカバーすることができます。

もらえる保険金の額は?

建設工事保険の保険金は、原則として「元に戻すための費用」が支払われます。

計算式の一例としては、「復旧費+(損害の拡大防止費用)-(残存物価額)-控除額」とされています。

なお、上限は保険金の金額とされることが多いです。

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

トップページ » 建設工事保険