死亡保険

死亡保険

死亡保険とは、被保険者が亡くなった際に遺族に保険金が支払われることを指します。
死亡した場合だけでなく、高度障害となった際に支払われるものもあります。
医療保険などに特約を付加することで死亡保障を付けることもできます。

死亡保険の種類

死亡保険には「定期型」と「終身型」があり、定期型は加入時に定めた一定期間のみを保障するものです。

満期保険金がないため「掛け捨て」の保険となりますが、その分終身型に比べ保険料が低く設定されています。

一方、終身型は被保険者が死亡するまで一生涯保障が継続し、また途中で解約した場合も解約返戻金を受け取ることができます。

必要な保障額

一般的に、ライフステージに合わせて必要な保障額は変わっていきます。

結婚し、子どもが産まれた後が最も必要な保障額が大きく、逆に子どもが独立した後は徐々に少なくなっていきます。

そのため、ライフステージの変化に合わせて死亡保障の内容も見直していくことが重要です。

死亡保険の選び方

死亡保険の目的により、適切な保険の種類が異なります。

例えば遺された家族の生活資金の保障なのか、自身の墓代・葬式代に充てる資金なのかによっても保険の選び方が変わります。

種類により毎月の保険料も大きく差があるため、お客様一人ひとりに合った保険をご提案させていただきます。

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

所沢ほけん専門店専用ダイヤル

トップページ » 死亡保険