【所沢ほけん専門店】『ご自身の保険の保障内容をきちんと把握してますか?』

こんにちわ!
午後は急な雨でしたが、大丈夫でしたか?

多くの方が何かしらの保険に入られています。人によっては毎月の保険料はそれほど高く感じないかもしれませんが、保険料を計算すると大きな金額になってくることがあります。

保険の営業マンに勧められるがまま、保障内容もよくわからないままに保険を加入されている方が時々おられます。

自分が思っていた保障内容と違っていて、いざという時に保険金が出なかったという話もよくあります。

保険は高い買い物ですので、保障内容を良く理解したうえで、ご自身にあった保険に入ることが大切です。

ご自身で保険に入ってる場合は、どんな保険に入っているのか、まずは保険証券を見て現状を把握してください。分からなければFPに相談してみましょう。
どんな保険が良いかは一概に言うことはできません。ご自身にあった保障内容の保険なのかどうか?また、ご自身が亡くなった場合に、ご家族に迷惑を掛けないものなのかどうか?

まずはご自身の保障内容をしっかりと確認してみましょう。

また、保険は、一度加入したらそのままにしておくのではなく、結婚、子どもの誕生、退職などのライフイベントがあった時には見直しをする事が大切です。

保険の基礎知識を知っているのと知らないのとでは大きく差がついてしまいます。ご自身でも保険について勉強し、賢く保険に入ることが重要になってきます。

#所沢ほけん専門店 #サイケイ #損害保険 #生命保険

【所沢ほけん専門店】『あなたは家計簿をつけていますか?』

こんにちわ!
何だか台風が近づいて来ており、明日からまた雨の予報です。
お出かけの際は天気予報を確認し、気を付けてお出かけください。

最近では、家計簿を付けない方が増えているようですが、ご自身のお金の流れを把握するにあたっては、家計簿はとても有用です。

実際に家計簿をを作成してみると、将来の収支状況を予測でき、今の家計を見直すきっかけになります。

家計の見直し方法は「収入」、「支出」、「貯蓄」の3種類になります。

ご自身のこだわりや楽しみを大事にしながら豊かな人生を送り、なおかつ健全な家計を保つためにも、早いうちから計画することが大事です。

「支出」については、固定費(必要な支出)と変動費(本当は無くても済む支出)とに分けられます。

家賃や住宅ローンなどの固定費は、支出の中で占める割合が大きい為、見直すことができれば非常に効果が大きいです。

変動費の中で、何に使ったかわからない使途不明金が出てくることもあります。
コンビニなどで購入したジュースやお菓子、暇つぶしに購入した週刊誌等の、本当に必要では無いが使ってしまったものも、使途不明金とせずにしっかりと管理することで、無駄遣いの金額も把握する事ができます。

こだわりは人それぞれですが、例えば、「毎年必ず海外旅行をする!」とか、「W杯は世界中どこで開催されようが、必ず行くんだ!」としての貯蓄であれば、固定費に組み込んで考えてもよいでしょう。

「収入」については、再就職や配偶者がパートにでるなど、やはりオーソドックスな対策が中心になります。なかには極端なケースとして、ギャンブル収入を見込んでいる方もおられたりしますが、お勧めできるものではありません。

「貯蓄」についてまずは家計の目標貯蓄率と言われる10%以上の貯蓄を最初の目標とするのが良いでしょう。例えば四分の一貯蓄法のように収入の四分の一を貯蓄しようと思っても、すぐには難しいと思います。まずは無理のない範囲で貯蓄しましょう。

こだわりは多かれ少なかれ、誰しもあると思います。あなたのこだわりって、何でしょうか?

また、家計の見直しは、長い時間をかけてやっていく事になるので、いかに前向きに取り組めるかが、ポイントになります。

#生命保険 #損害保険 #サイケイ #所沢ほけん専門店

【所沢ほけん専門店】目的別にお金を貯める②

こんにちわ!
朝は晴れておりましたが、曇ってきましたね。

前回、「お金を目的別に貯める」話でした。今回はその続きになります。

前回の3大資金は「なんとなく」ではなく意図的に貯めていく必要がありますが、貯金はなかなか思うように貯まるものでもありません。そんな時はお金を3つに色分けして考えてみる必要があります。

1. 短期資金
貯める目的は日常の生活費です。生活費の3ヵ月分を目処に、いつでも引き出せるような金融機関に準備しましょう。

自分の生活費をきちんと把握していない方は、この機会に家計簿をつけて、ご自身の生活費を把握しておきましょう。

2. 中期資金
貯める目的はこれから10年以内に使うお金です。
例えば車の購入資金や、海外旅行資金、住宅購入資金など、人によって様々です。やりたい事や、実現したい事の為のお金ですので、増やす事は考えず、定期預金などで安定的に貯めていきましょう。

3. 長期資金
貯める目的は10年後以降、老後や緊急時費用など、増やさなくてはならない資金です。株や投資信託等で運用していくことも有効です。但し運用にはリスクがありますので注意してください。

このようにお金を3つに分けると頭の中を整理することができ、人生計画を具体的に考えるきっかけにもなります。

それと、中期と長期の資金は同時に進めていくことが大切です。

例えば、毎月2万円を貯金しようと思ったら、1万円を中期資金、1万円を長期資金というように貯金しましょう。
もし分けずに貯めた場合、中期資金で使ってしまい、長期資金を貯める事が出来なくなったりします。

なので先ずは20代の早いうちに自分の人生計画を考える時間をとり、お金の整理をしてみましょう。

#所沢 #サイケイ #所沢ほけん専門店 #生命保険 #損害保険

【所沢ほけん専門店】目的別にお金を貯める①

『あなたは目的別にお金を貯める事ができてますか?』
こんにちわ!
所沢は雨も上がり、きれいに晴れ間も見えております。
ただ、地域によっては昨日からの雨で土砂災害の危険もありますからお気を付けください。
現在、日本の総人口に占める65歳以上人口の割合は約26%です。日本は世界で最も高齢者の割合が高い国です。諸外国と比較しても、日本は世界のどの国もこれまで経験したことのない高齢社会を迎えており、20代からコツコツお金を貯めていく習慣を身に付けることは重要です。
20代から今後の人生計画を考えるとき、大きなお金を必要とするライフイベントへの準備が大切になります。
一般的に教育、住宅、老後の3つにかかる資金を人生の3大資金と呼び、これらのライフイベントに対しては、時間をかけて少しずつ貯めていくことが重要であると言われています。
1. 教育資金
教育資金の準備は、教育方針を夫婦で話し合うことから始まります。教育方針で夫婦の足並みが揃えばこの資金は「かかるお金」から、計画的に「かけるお金」になります。
貯めるポイントは給与天引き等で強制的に貯められる仕組みをつくること。そして一日でも早く貯め始めること。長くコツコツと時間をかけて貯めていく事です。
2. 住宅資金
住宅資金の準備は購入時期を考えて、自己資金を貯めることから始まります。
住宅購入には住宅購入費の他に諸費用が必要になります。一般的にこの諸費用は物件価格の3割以上を目安に準備します。また、購入後も、ローン返済・固定資産税・都市計画税・マンションの場合、管理費・修繕用の積立など様々な費用がかかります。
住宅資金を貯めるときは定期預金等安全性の高い金融商品で貯めていくことが最適です。しかし購入時期が5年以上先という場合は財形住宅貯蓄を使うことも有効です。勤務先に財形制度がある方は検討してみてください。
3. 老後資金
老後資金はいつまで必要になるかが分からないため、余裕を持って準備する必要があります。20代にとって「老後はまだまだ先」というイメージかもしれませんが、この老後までの長い時間がお金を貯めるための強い味方になります。
また一般的に様々な出費の多い30代・40代を考えると、20代は未来のお金を貯め始めるチャンスの時期と言えます。
20代から老後資金の準備に取り掛かる場合は、財形年金貯蓄・確定拠出年金・個人年金などの選択肢があります。
またリスクを伴いますが株や投資信託等で資産運用することも考えられます。それぞれの商品には加入条件・解約時の制約等様々なメリット・デメリットがあるので検討することが必要です。
#所沢ほけん専門店 #サイケイ #所沢 #生命保険 #損害保険

【所沢ほけん専門店】保険を見直すにあたって②

こんにちわ!

何だか台風が近づいて来ておりますので、しっかり備えておきたいですね。

前回の続きとなりますが、生命保険については、一家の働き手が万一の時に、残された家族が経済的に困らないようにするためのものです。

そして、死亡保障がピークとなるのは末子が生まれた時と言われていますし、また、子どもの成長と共に必要保障額は徐々に減少していきます。

なので生命保険は、必要な時期に必要な保障を確保するものと言う事です。

もしあなたが、保険にコストパフォーマンスを求めるならば、保険に貯蓄性を求めず、保険は保険、貯蓄は貯蓄として、一定期間の保障を持つという考えでよいと思います。

そして、保障が必要なくなれば、保険を止めたり、保障額を減額するなどの見直しを行っていきましょう。

また、保険を利用してお金を増やすという考えもありますが、今では円建ての定額保険は、運用する予定利率が低いので、他のもので増やす事を考える必要があります。

それに共済、ネット保険や、保険会社の違いは、商品を含めた名称に違いがあるだけで、保険を設計、販売しているという点に変わりありませんし、各社によって主力商品に違いがある程度と考えましょう。

#サイケイ #所沢ほけん専門店 #生命保険

【所沢ほけん専門店】保険を見直すにあたって①

こんにちわ!

あなたは、ご加入されてる生命保険を、どんな時に見直そうと考えられていますか?

世間一般的によく聞くのは、結婚を機に生命保険の見直しを考えると言う事です。

生命保険を考える際に最も大切なことは、日常的な病気やケガに備えるのか、それともご自身に万一の事があった時に備えるのかと言う事です。

日常的な病気やケガは健康保険である程度カバーできるはずです。

さらに、同一の要因で治療費などが高額になった場合は、「高額療養費制度」で一定額までの負担で済むことになっています。これらの公的な保障でカバーすることができない医療費負担を補うのが、入院保障などの医療保険です。

ただし、自由診療や先進医療などの高額な治療を受けなければ、自己負担が多額になるケースはあまり無いように思います。

なので、手持ちの預貯金などで賄う事ができるのであれば、医療保険も加入する必要はないという事になります。

ただ、生命保険に加入すれば、その1週間後に事故にあったり病気になったりしても、保険金の支払い要件に該当するものであれば給付金が支払われます。

まとまった預金を作るためには時間が掛かりますが、病気やケガはお金ができるまで待ってはくれません。

なので、医療保険は預貯金など医療費を賄う資金ができるまでのつなぎと考えてもよいでしょう。

#所沢ほけん専門店 #医療保険 #サイケイ #所沢

【所沢ほけん専門店】ハイグレードエージェントとは

こんにちは、所沢ほけん専門店です。

当店は埼玉県内のモーター事業者で現在2店舗しかない、あいおいニッセイ同和損害保険の代理店業務格付けの中で最高位HGA(ハイグレードエージェント)です。
最高水準の「募集品質」「業務品質」「代理店経営品質」を兼ね備え、お客さまへの「最適商品」「最高品質のサービス」を提供できる代理店であることの証であり、45年にもわたって地域の皆様にご愛顧いただけた結果でございます。

今後もこのHGA認定を維持し、地域の皆様に寄り添った保険代理店としてお役に立てるよう努めてまいります。

#所沢 #保険見直し #損害保険 #自動車保険 #出張相談

【所沢ほけん専門店】三大資金を貯金しよう。

こんにちわ!
ゴールデンウイークも後半ですが、いかがお過ごしでしょうか?
中には有休を使って9連休を堪能されてる方もおられるのではないでしょうか?ちなみに当社は日曜日以外は営業しております。
私は昨日は近所であった清正公祭りに家内と行ってきました。4年ぶりの開催でしたので、家内共々、お祭りを楽しんできました。
とは言えお祭りの込み具合を考えると、コロナ前に比べてまだまだ少ないように感じました。以前のような賑わいにまた戻ってほしいですね。
こうして9連休を楽しむのも、お祭りを楽しむのも日頃から貯金しているからできる事だと思います。
日本は高齢化社会を迎えており、早いうちからコツコツお金を貯めていく習慣を身に付ける事は重要です。
20代から今後の人生計画を考える時、大きなお金を必要とするライフイベントへの準備も大切になります。
一般的に教育、住宅、老後の3つにかかる資金を人生の3大資金と呼び、これらのライフイベントに対しては時間をかけて少しずつ貯めていく事が重要です。
1. 教育資金
教育資金の準備は、教育方針を夫婦で話し合うことから始まります。教育方針で夫婦の足並みが揃えばこの資金は「かかるお金」から、計画的に「かけるお金」になります。
貯めるポイントは給与天引き等で強制的に貯められる仕組みをつくること。そして一日でも早く貯め始めること。長くコツコツと時間をかけて貯めていく事です。
2. 住宅資金
住宅資金の準備は購入時期を考えて、自己資金を貯めることから始まります。
住宅購入には住宅購入費の他に諸費用が必要になります。一般的にこの諸費用は物件価格の3割以上を目安に準備します。また、購入後も、ローン返済・固定資産税・都市計画税・マンションの場合、管理費・修繕用の積立など様々な費用がかかります。
住宅資金を貯めるときは定期預金等安全性の高い金融商品で貯めていくことが最適です。しかし購入時期が5年以上先という場合は財形住宅貯蓄を使うことも有効です。勤務先に財形制度がある方は検討してみてください。
3. 老後資金
老後資金はいつまで必要になるかが分からないため、余裕を持って準備する必要があります。20代にとって「老後はまだまだ先」というイメージかもしれませんが、この老後までの長い時間がお金を貯めるための強い味方になります。
また一般的に様々な出費の多い30代・40代を考えると、20代は未来のお金を貯め始めるチャンスの時期と言えます。
20代から老後資金の準備に取り掛かる場合は、財形年金貯蓄・確定拠出年金・個人年金などの選択肢があります。
またリスクを伴いますが株や投資信託等で資産運用することも考えられます。それぞれの商品には加入条件・解約時の制約等様々なメリット・デメリットがあるので検討することが必要です。
3大資金は「なんとなく」ではなく意図的に貯めていく必要がありますが、貯金はなかなか思うように貯まるものでもありません。そんな時はお金を3つに色分けして考えてみましょう。

【所沢ほけん専門店】店舗を移転しました。

こんにちは、所沢ほけん専門店です。

所沢ほけん専門店は、これまでの金山町の店舗から、新たに西所沢駅前へ移転いたしました。
西所沢駅から徒歩3分という好立地で、これまで以上にお気軽にご来店いただけます。
ぜひ、保険のお悩みやご相談なら「所沢ほけん専門店」へどうぞ!

#所沢 #西所沢 #保険見直し #損害保険 #自動車保険 #出張相談

ホーム » お知らせ » 固定ページ 6

【所沢ほけん専門店】訪問相談無料です

こんにちは、所沢ほけん専門店です。

保険の見直しをしたいけど、忙しくてなかなか時間が作れない…
そんな方のために、所沢ほけん専門店はお客様のご自宅、あるいはご指定場所でお伺いする
「訪問相談」を無料で行っております。
ご希望の際は、ぜひお気軽に当店までお問い合わせください。

お問い合わせ

#所沢 #保険見直し #損害保険 #自動車保険 #出張相談

ホーム » お知らせ » 固定ページ 6